矯正治療|栃木県宇都宮市の歯医者「林デンタルオフィス」

menu

矯正治療

専門医による矯正治療

「歯がデコボコに生えている」「前歯が前に突き出ている」「上下の歯がしっかり咬み合わない」このようなお悩みはありませんか。歯並びや咬み合わせの乱れは見た目の問題だけではなく、コンプレックスの原因となったり、全身の健康に悪影響を及ぼしたりする場合があります。

歯並びや咬み合わせの乱れは、矯正治療で改善できます。歯並びが気になる方は、栃木県宇都宮市の歯医者「林デンタルオフィス」まで一度ご相談ください。

当院の矯正歯科は矯正専門医が担当します

矯正歯科は歯科の診療の中でも専門性の高い分野です。当院では、矯正治療を専門に学び、豊富な経験のある矯正専門医が治療にあたります。難症例と言われるケースでも対応可能です。矯正治療の日に来院しますので、どうぞご相談ください。

歯並びが及ぼす悪影響

歯並びの乱れは見た目の問題だけではありません。以下のようなさまざまな悪影響を与える可能性があるのです。

虫歯や歯周病 歯並びが乱れているとブラッシングがしにくくなり、磨き残しができやすくなります。お口の中の糖分や虫歯菌・歯周病菌が長時間とどまりやすくなり、それが虫歯や歯周病につながります。
消化不良 食べ物をしっかり咀嚼(そしゃく)できず、胃腸に負担をかけてしまいます。
発音の悪さ すきっ歯や開咬の場合、話すときに歯と歯の隙間から空気が漏れ、発音がしにくくなります。発音の悪さがコンプレックスにもつながります。
頭痛・肩こり 歯並びの乱れにより偏った箇所に咬む力がかかり、首や肩などに大きな負担がかかることで不調が生じます。
消極的な性格 口元がコンプレックスになって、会話をしたり笑ったりすることを躊躇するようになり、性格にも影響を及ぼします。
歯並びの種類

あなたの歯並びを鏡でチェックしてみましょう。以下の歯並びの種類に当てはまる、もしくは似ているものがあれば、矯正治療が必要である可能性があります。

上顎前突

上の前歯もしくは上顎全体が大きく前に突き出ている状態。下顎に対して上顎が大きい、逆に上顎に対して下顎が小さい場合に起こります。指しゃぶりや口呼吸などの癖が原因になることも。

反対咬合

下の前歯もしくは下顎全体が大きく前に突き出ている状態。下顎に対して上顎が小さい、逆に上顎に対して下顎が大きい場合に起こります。発音に支障が出やすく、咀嚼しにくいケースも。

上下顎前突

上下の歯列が前に出ている状態。唇が閉じにくく、前歯を折りやすかったり、口の中を傷つけたり傷つきやすかったりします。

交叉咬合

上下の前歯の中心がずれて、きちんと咬み合っていない状態。奥歯で物をすりつぶしにくく、顔の骨格にゆがみが生じてしまうケースも。

空隙歯列

歯と歯の間に隙間ができている状態。顎に対して歯が小さかったり、舌で前歯を押す癖があったりすると起こります。目立つうえに、食べ物が挟まりやすく虫歯になりやすくなります。

叢生

歯と歯が重なり合いデコボコに生えている状態。顎の大きさに比べて歯が大きい場合に起こります。「八重歯」「乱杭歯」も叢生の一種です。

過蓋咬合

上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。食べ物が咬みくだきにくかったり、発音が不明瞭になったりします。

開咬

奥歯を咬み合わせても前歯が咬み合わず開いている状態。食べ物が咬み切りにくかったり、空気が漏れて発音が不明瞭になったりします。

取り扱い矯正装置

目立たない矯正を希望の方
セラミックブラケット

ブラケット部分がセラミックでできた矯正装置です。歯にプラスチック製の透明なブラケットを装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。セラミックは歯の色調を合わせることができるため、目立ちにくくなります。治療効果はメタルブラケットと同等です。

インビザライン

インビザライン

透明素材のマウスピースを使って行う矯正治療です。目立たず気づかれないことに加え、簡単に取り外せるため矯正中も食事を楽しむことができます。対応できる症例には限りがあります。

クリアブラケット

ブラケット部分が樹脂でできた矯正装置です。ブラケットが透明なので目立ちにくくなります。メタルブラケットと同等の効果が得られます。

ホワイトワイヤー

一般的な金属製のワイヤーが気になる場合には、白いワイヤーを使うことができます。数m離れれば矯正していることがほとんどわからず、自然な見た目になります。

費用をなるべく抑えたい方
メタルブラケット

もっともスタンダードな矯正装置です。歯に金属製のブラケット(留め具)を装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。あらゆる症例に対して適応可能であり、比較的低料金で行えます。金属製のブラケットとワイヤーであるため、目立ってしまうというデメリットがあります。

ハーフリンガル

目立つ上の歯には裏側(舌側:リンガル)に矯正装置を取り付け、下の歯にはセラミックブラケットを装着して歯を動かします。上下ともリンガル矯正するよりも安価です。費用を抑えつつ目立たない矯正ができます。

矯正治療の費用について

相談料 ¥3,240
診断料(※1) ¥32,400
基本技術料(※2) ¥378,000~486,000
処置料(※3) ¥5,400

※1レントゲン撮影や模型作成などを行い、適切な治療プランを立てるための分析資料を作成します
※2片顎にかかる料金で、装置料金を含みます
※3月に一度の来院時にかかる処置料です
※表示されている費用は税込です

pagetop